我が子に「早寝」の習慣をつけさせるには

我が子に「早寝」の習慣をつけさせるには

昼寝は控える

子供は夜遅く寝て、朝になってもなかなか起きずに、起こすと機嫌が悪いと、親も苦労します。
子供が遅くまで起きていないで、早く寝るようにするためには、まずは昼寝を出来るだけしないようにしましょう。
もしも昼寝をするときは、時間を決めて行ない、そして早く寝てしまった場合は、時間になったら起こしましょう。
どうしても早く昼寝したときは、時間を決めて親が起こします。

昼寝をするということは、それだけ午前中の疲れを回復させますので、夜になっても眠くなりません。
そのために、なかなか寝付けなく、自然と夜遅くなるということもあります。

・生活リズムを確立させる

夜早く寝るためには、もう1つ大切なことがあり、それが生活リズムを保ち、規則正しく生活することです。
たとえば、平日なら幼稚園から帰ってきて、16時30分にお風呂に入る、18時に夕ご飯、20時までにはベッドに入る、というようなリズムを作るのです。
そして布団に入ると、子供の好きな本を読んであげて、眠りやすくしてあげます。

ご飯の前にお風呂に入らせると、お風呂後にすぐに食事をさせられるので、楽で良いでしょう。

この生活リズムを作るというのが、子供が夜早く眠るというにはとても大切です。
体内時計を規則正しくすれば、夜になれば子供は自然と眠くなります。
夜になると自然と眠気がきますので、早く寝なさいという必要もなくなります。

また布団に入るということも、子供が楽しいと感じるようにすると良いです。
寝る前に両親とお話をしたり、好きな本を読んであげるなど、楽しい時間を作ってあげましょう。

夜眠る前はテレビは見せない

テレビやスマートフォンのような映像は、見ると能を刺激して覚醒させます。
そしてその後も脳みそは興奮状態を維持しますので、体は眠くても脳みそは眠くないということが起きます。
そうなると、いくら早く布団に入ったとしても、なかなか寝付けないということになり、子供が夜になっても眠りたくないということになります。

そのために、睡眠前の1時間~2時間は、テレビやスマートフォンは見せないようにすべきです。
また睡眠前に何か食べると、睡眠中に胃が消化のために働き、なかなか疲れが取れませんので、やはり睡眠前には食べ物は与えないようにすべきです。

子供が早く眠れば、その後は親も自分の時間を使ってゆっくりと出来ます。
また朝になっても、子供がなかなか起きなくて苦労する、ということも少なく出来るでしょう。
まずは規則正しい生活を行なうように、心がけて行なわせると良いです。
テレビに関しても、両親が夜になるってもいつまでも見ていると、一緒になって子供も見てしまいます。
子供が眠るときは、親はテレビを消しておき見ないようにする、などの工夫もすると良いです。