花粉症から子供を守るには

大人でも辛い症状

春になると嫌な季節だと感じるのは私だけではないはずです。
日本人のうち4人に1人は花粉症患者だと言われています。
しかも、去年は問題なかったのに今年はひどい!というように、人によっては突然花粉症を発症するケースもあり年々患者数が増加傾向にあると言われています。
その年によって花粉の飛散量が異なるため、大人でも辛い症状に苦しむ場合がありますが、もっと辛い思いをするのが子供です。
子供でも花粉症になり、辛い毎日を過ごしているケースが多いのです。
花粉症から子供を守るには、どのような対策が必要なのか考えてみましょう。

子供の花粉症

子供の花粉症は大人と若干異なる症状が見られると言われています。
大人の場合はくしゃみが止まらない、鼻水が出るか詰まる、目がかゆいなどが主な症状として見られます。
子供の主な症状は鼻づまりが多いです。
ドロっとした鼻水になっているため、ひょっとしたら風邪なのかもしれないと考える親御さんも多いですが、よく調べてみると実は花粉症だったことがわかる場合もあります。
鼻の通りが悪くなるため、鼻の穴をほじる動作を見せるようになり、粘膜を傷つけて頻繁に鼻血を出すこともあります。
他にも目をかゆがってこすり、目の周りが赤くなるほど充血させている場合もあります。

風邪の諸症状とよく似ているため、正確な診断については医師に相談しなければいけません。
小児科または耳鼻咽喉科の医師に診察をしてもらい、適切な治療を受けてください。
治療法としては大人と同じように抗ヒスタミン剤を投与してアレルギーの諸症状を抑えます。
必要に応じて点鼻薬や点眼薬を処方してもらいます。

参考:花粉症ナビ

花粉症の予防法

子供の花粉症を予防するためには、アレルギー反応を引き起こす原因になる花粉を体内に寄せ付けないようにすることが基本です。
しかし、元気な子供に花粉を寄せ付けないためにと家の中でずっと過ごさせるのはかわいそうなものです。
外で遊ぶ場合の注意点としては、できればマスクを着用すると効果的です。
直接花粉を吸い込まないように予防することができます。
しっかり帽子をかぶって髪の毛に花粉が付着しないように予防してください。
午前よりも午後に花粉が舞うことが多いため、できれば午前中に外遊びをすると良いでしょう。
風が強い日には花粉も多く舞っているため、可能な限り外出を控えるか、帽子とマスクで完全防備をしてから外出してください。
外から帰ったら衣服に付着している花粉を室内に入れないためにも、しっかり払ってから室内に入りましょう。

忘れてはいけないのが、洗濯物や布団です。
天気が良いからと外で干したまま家の中に入れると、花粉が付いたままになっています。
きちんと払ってから家の中に入れるように心がけてください。