紅葉狩りに行こう

紅葉狩りに行こう

子供も楽しめる秋の行楽

秋は何かと楽しみが多い季節です。
美味しい食べ物を堪能したり、好きな芸術に慣れ親しむのも良いでしょう。
子供と一緒にお出かけしたいと考えている場合は、紅葉狩りがおすすめです。
夏には緑一面だった山が、秋になると少しずつ色が変わり始めて赤や黄色のコントラストを楽しめます。
まさに自然が作り出す壮大なキャンバスとも言えるほど、素晴らしい美しさが素晴らしいと老若男女から支持されている行楽です。
実は紅葉の美しい光景が見られるのは世界広しといえども、あまり類がないと言われています。
日本には全国各地に山がたくさん存在しており、その中でも秋に葉の色が変わる落葉樹がたくさんあります。
ぜひお子さんにも紅葉の美しさを教えてあげて、日本の四季を感じさせる勉強をさせてあげてください。

紅葉狩りの豆知識

紅葉狩りは美しい自然の光景を楽しむものなのに、なぜ「狩り」という言葉が付くのかと疑問を感じたことがないでしょうか?
物心ついた頃のお子さんからも素朴な疑問として聞かれる場合もあるため、紅葉狩りのことを知っておくと良いでしょう。
狩りがつく行楽といえば、ぶどう狩りとかきのこ狩りなど山へ行って何かを楽しむことを指しています。
紅葉狩りも基本的には山へ直接出向くか、遠くから山の光景を見ながら楽しむものです。
そのため紅葉狩りと呼ばれるようになったと考えられます。
江戸時代には旅行をすることが庶民の間でも流行したことで紅葉狩りを楽しむ方が急増したそうです。
紅葉の美しい光景の楽しみながら、木の下でお花見を楽しむように飲み食いをしていたとも言われています。
ちなみの紅葉の見どころの時期は寒い地方から徐々に暖かい地方へと下がってきます。
春の桜前線と全く逆方向に見どころが変化していきます。

子供と楽しむ紅葉狩り

お子さんを連れて紅葉狩りを楽しむ際には、見どころの時期を逃さないようにチェックしてください。
その年によって紅葉の見どころシーズンが異なるため、事前に天気予報などを確認して紅葉が最も美しい時期を逃さないでください。
紅葉を楽しめる場所は公園や神社やお寺など色々あります。
できるだけお子さんも一緒に楽しめるような場所を選ぶことをおすすめします。

紅葉狩りを楽しめる場所は色々ありますが、特にお子さんが喜ぶのがロープウェイです。
高い場所から眺める紅葉の素晴らしさは格別です。
ただし、高い場所を怖がる場合は喜ぶどころか恐怖心しか印象に残らないため、避けた方が良いでしょう。

もう一つの楽しみ方は、実際に紅葉を持ち帰ることです。
葉の色が変わっている並木道を歩いてみると、色々な落ち葉を集めることができます。
他に木の実も一緒に持ち帰って、一緒に工作を作って楽しむのもおすすめです。