子供に「お片づけ」を教える時のポイント

子供に「お片づけ」を教える時のポイント

子供がおもちゃを散らかすこと

子供はおもちゃに夢中になって遊ぶと、家のおもちゃを次々と出して部屋に散らかします。
親からすれば1つずつ片付ければいいと思いますが、夢中になって遊ぶことは、子供の成長にとってはとても良いことです。
夢中になっておもちゃで遊ぶと、思考力や想像力などをフル回転させますので、能が鍛えられて、頭もすっきりし気分も爽快になるのです。

そのような考えで子供に接すると、多少散らかしてもおおらかな気持ちになれるかもしれません。
ただ片付けはさせないといけないので、片付けられるように何か考えないといけません。

・お片付けタイムを設ける

1つの方法としては、タイミングを決めてそのときに一気に片付けさせることです。
夕食前やお風呂の前など、タイミングを見てそのときに片付けさせます。
毎回同じタイミングにすると、子供もわかりやすく、片付けの習慣が付きます。

片付けやすい環境を作る

どうすれば子供がおもちゃを片付けてくれるかは、片付けやすい環境を作ることです。
まず子供にとって片付けやすい環境になっているか見てみましょう。

・片付けやすい収納にする

子育ての家 埼玉のローコスト住宅MOKHOUSE

おもちゃ箱はフタのない箱にする、箱に目印をつけて分類できるようにする、表紙の見える絵本収納棚など目で見てどこに何を片付ければいいのかわかりやすくする、収納は子供がしまいやすい高さにする、このような方法があります。

おもちゃ箱がフタが付いて開けにくかったり、物がしまいにくい収納では、子供も片付けしたいと思わないでしょう。

・子供の成長に合わせる

最初から子供が一人で片付けできるようなことはありません。
まずは部屋の片隅におもちゃを集めるところから始めてみましょう。
次に種類やサイズで分類する、そして箱に入れて片付けるようにする、という順序で子供の成長に合わせて片付け方もステップアップしていくと良いです。

・遊び感覚で片付ける

どっちが早く片付けられるか競争ね、という感じで親と競争させながら片付けたり、箱によっておもちゃを正しい場所に入れられるか探したりと、ゲーム感覚で片付けをすると、子供も嫌がらずに行ないます。

そして何よりも片付けが出来たときは、思い切り褒めてあげましょう。
子供は褒められると、その事に対し得意なイメージを持ち、次も進んで行なおうとします。

子供には片付けないといけない理由も教えてあげましょう。
もちろんおもちゃを散らかすと怪我をする危険があるので、片付けないといけないという理由にはなります。
何よりも大切なのが物を大切にするという心であり、おもちゃを乱暴に扱うとおもちゃが怪我してしまうよ、などと子供の立場になった言葉で教えてあげましょう。
片付けなさい、と頭ごなしに言うのは逆効果になるので、気をつけるべきです。