卒園式の服装

子供と一緒に晴れの日を迎えましょう!

あんなに小さかった我が子が、いよいよ幼稚園や保育園を卒園する時を迎えたご両親にとって、喜びもひとしおなのではないでしょうか。
入園した頃は毎朝嫌々通っていた我が子も、今では立派に成長した姿を見せてくれて親としては本当に誇らしい時を迎えていると思います。
幼児期の集大成を迎える晴れの日の舞台となる卒園式では、お子さんはもちろんですが親も気合を入れて出席したいものです。
あまりにも人とは異なるような服装を選んでしまうと場違いになるため、場の雰囲気に応じた服装を選ぶようにしてください。

参考:ベネッセ|子育てインフォ

先生にも敬意を表する

卒園式の主役となるのは間違いなく子供たちです。
基本的に男の子はスーツ、女の子はスーツやワンピースを選ぶケースが多いです。
中には個性的なファッションをしている場合もありますが、基本的には黒や濃紺、グレーなどを貴重にした服装にしています。

親も基本的には黒または濃紺、グレーなどのスーツを選ぶのが一般的です。
暗い色を選ぶ理由は、お世話になった先生に敬意を表するという意味で落ち着いた色合いである黒っぽい色を選ぶのが正しいマナーなのです。
幼児期の子供を世話するのは本当に大変なものです。
自分でも子育てをしていて大変だなと感じる事が多いと思いますが、先生は毎日のようにたくさんの子供達を相手してくれていたので親以上に苦労を味わってきたのだと思います。
苦労を感じた分、子供達が成長した様子をまるで自分の子供のように喜んでくれて、晴れの日である卒園式を心待ちにしているはずです。
そんな先生達に感謝の気持ちを表すためにも、暗い服を選ぶことが大切です。

男性の場合はスーツを着用するのが一般的ですが、女性は黒っぽい色のどんなデザインにするべきか迷うものです。
ワンピースにジャケットを合わせるのか、タイトスカートにジャケット、パンツスタイルにジャケットなど様々な組み合わせが考えられます。
それぞれ考え方は異なると思いますが、デザインについては自分が好きなもので構いません。
大事なのはデザインよりも、色にこだわるようにしてください。

ワンポイントとして組み合わせたいのがコサージュです。
コサージュがあるのとないのとではかなり印象が違います。
作り物のコサージュを付けている方が多いですが、ひときわ目を引くのが生の花で作るコサージュです。
事前に花屋さんにコサージュを作ってもらえるようにお願いしておけば、卒園式に間に合わせるように用意しておけます。
生の花で作ったコサージュはゴージャス感が全く違います。
女の子のお子さんがいる場合は、親子揃ってコサージュを合わせるのもおすすめです。
他にもアクセサリーを合わせる場合は真珠のネックレスなどあまり派手すぎないものを選びましょう。