子供に教えよう!テーブルマナー

子供に教えよう!テーブルマナー

基本的なテーブルマナー

子供の親とテーブルを囲んで食事はするものであり、自然と食事の仕方は親と食事する中で身についていきます。
子供が正しいマナーを身につけるには、やはり親が教えてくしかありません。
特に箸や茶碗などは、使い方が決まっており、そして子供が成長すれば親ばかりでなく、友達や会社の同僚とも食事はするようになります。
そこで箸の持ち方が酷かったりすると、他人からは良く思われません。

テーブルマナーは色々とありますが、一番初めに教えるべきは箸の持ち方です。
日本では多くの食事で箸を使い、子供は箸を使う場面にも何度も遭遇するでしょう。
持ち方は教えないとわからないので、まずは正しい持ち方を教えましょう。
箸の持ち方では、持つ位置と使う指、箸の長さがポイントとなります。
リング付きで持つ位置と指を矯正できる箸もあるので、それを使っても良いでしょう。

器の正しい使い方

食事の器は、小さな醤油皿などは持って使い、おかずが盛られた皿などは置いて食べます。
片手で持てる皿は持ち、持てない皿は置いて使います。
まとめて食べ物を置いている皿では、取り皿に持って食べます。
子供が手が小さくて持てないと思う器は、目の前に持っていって食べるだけで良いです。
くれぐれも箸で器を寄せるようなことは、させないようにしましょう。

また、左手前にご飯茶碗、右手前に汁椀、小さい器のおかずは左奥、大きい器のおかずは右奥に置き、箸は一番手前に左に箸置きを置きます。
テーブルマナーとして、洋食と和食の時の各器の置き方が決まっているので、こちらも余裕があれば教えるようにした方が良いです。
ワンプレートなど、器の置き方を気にしないでよい器もありますが、基本的なマナーとして教えるべきです。

最近は飲食店などでも、あまりこの器の置き方は守られていませんが、重要なマナーです。
ラーメンとご飯のセットなどの場合でも、考え方はこの器の置き方を元にして、配膳されます。

参考 : 日本人ならきちんと知っておきたい、正しい「和食の並べ方」

食事で行なってはいけないこと

食器の上に箸を置くことは「渡し箸」と言い、食事がこれ以上食べられないという合図です。
食事の途中で箸を置く場合は、箸置きの上に置きます。
もしも食事の時に箸置きが用意されていない場合は、箸は器の端っこにかけて置くようにします。
また割り箸などを入れている袋を箸置きにしても問題ありません。

箸で茶碗などを叩く、食べ物を箸で串刺しにする、このようなことも行なってはいけません。
さらには箸を握ったまま器を持つのも良くなく、箸を持ったままでは器が不安定になり落とす危険もあり危ないです。
器を持つときは必ず箸を置いて、器を手でしっかりと持つように教えましょう。