新学期の前にできること

新たな気持ちでスタートを切りましょう!

新学期が始まる4月には何かと忙しい日々を過ごす方が多いですが、子供達はもちろん親にとっても準備をしておかなければいけないことがたくさんあります。
できれば3月の段階でしっかり準備を整えて、余裕を持って新学期を迎えたいものです。
ここでは新学期の前にできることについてご紹介します。

幼稚園や保育園へ入園を控えている場合

4月から幼稚園に入園する予定のお子さんがいる場合は、入園準備に追われていると思います。
靴入れやコップ入れなど用意しておかなければいけないグッズを自分で作る方もいれば、不器用だから購入するという方もいます。
おそらく幼稚園からも入園までに揃えておきたいものを指示されていると思いますので、買い忘れがないか改めてチェックし直してください。

大事なことはママ自身とお子さんの心の準備です。
幼稚園に入園することを心待ちにしているお子さんもいれば、ママと離れることが嫌だとぐずっているお子さんもいるでしょう。
生まれてからずっとママと一緒に過ごしていたお子さんは、幼稚園の生活に慣れるまである程度時間が必要になるかもしれません。
幼稚園の玄関に入って別れようとすると、大泣きされる場合もあります。
泣いている状態で無理やり帰ってしまうのは心苦しいですが、このような事例には慣れている幼稚園の先生に安心してお任せしてください。
「ママも頑張るから、○○ちゃんも頑張って!」と励まし、泣かずにバイバイできるようになったら「頑張ったね!」と思い切り褒めてあげましょう。
そのうちお子さんも幼稚園の生活に慣れて、「早く幼稚園に行きたい!」とせがむ日がやって来るでしょう。

小学校入学を控えている場合

幼稚園や保育園から小学校へ入学するお子さんがいる場合は、これまでと環境が大きく変化することで戸惑っている方も多いはずです。
うちの子は勉強についていけるのか、入学前に教えておくべきことは何かなど考えだすとキリがありません。
子供の学力については個人差があるため一概には言えませんが、できればひらがなの読み書きができていると良いという程度です。
もし出来ていない状態でも、きちんと小学校で教えてくれますので過剰に心配し過ぎないでください。
どうしてこの子はできないのだろう…と焦って教え込もうとすると、子供がプレッシャーを感じて余計苦手意識が強くなってしまう傾向があります。
心配な場合は入学してから学校で勉強した内容を一緒に復習しながら、少しずつ覚えるようにしてください。

むしろ学力を身につけようとするより、社会性を身につける準備をした方が良いです。
人と会った時には元気に挨拶をするという基本的なことが身に付いていないお子さんがとても多いです。
入学までにはとにかく元気な挨拶ができるように練習をしていると良いでしょう。