お買い物中に子供が騒ぎ出してしまったら

お買い物中に子供が騒ぎ出してしまったら

どうして子供は騒ぐのか?

買い物に子供を連れて行くと、騒ぐような場合も多いでしょう。
騒ぐと親がゆっくり買い物も出来ず、周囲にも迷惑をかけますので、子供を落ち着かせないといけません。

・注意して店から連れ出す
・言葉で叱り注意する
・静かになるまで待つ

親としては、このような対処方法を行なう人が多いです。
最終手段としては店から連れ出すという親も多く、どうしても騒いで静かにしないときは、最後の手として良いのかもしれません。

それでは子供は何故騒ぐのでしょうか?
たとえば人の多いような場所では、子供目線だと見知らぬ人の手足があり、怖いと感じるかもしれません。
お店では、子供目線だと、低い棚に見たこともないような商品があり、思わず触ってみたくもなるでしょう。

そんな状況で、無理矢理こうしなさい、こっちにきなさい、と命令しても逆効果になります。
静かにしなさいと言うのは逆効果なので、他の人もいるのよ、大きな声を出すと恥ずかしいでしょ、などと子供の良心に問いかけましょう。
それでも静かにしないようなら、外に連れ出すようにします。

そうして、外に連れて行ったら子供が落ち着いて静かになるまで待ちましょう。
親の急な行動に、子供は驚いているかもしれません。
そのために、外に連れ出したら、どうして外に連れて行ったかを親は説明しましょう。
沢山の人がいる場所では騒ぐと一緒にいられない、用があるなら小声で話そう、などの理由を教えると良いです。

買い物で出来るごっこ遊び

買い物に連れて行くなら、子供にごっこ遊びをさせて、静かに出来るようにしましょう。
買い物に行く前には、以下のような遊びをすることを子供に知らせておきます。

・両親専属の忍者ごっこ

ルールは以下のように決めます。
1、静かに歩く
2、両親の陰に隠れる
3、人に聞こえないようなひそひそ声で話す
4、両親の指示に従って商品を取る

この4つのルールを決めて、お買い物させて、お騒ぎして目立つのは忍者失格であり、即退場です。

・くっつきあそび

こちらは両親のカバンや上着の裾などを離さないルールの買い物での遊びです。
両親から離れてしまうと、お店の中にいる巨大な魚や怪物に食べられてしまう設定です。
この怪物は子供の話し声が大好きであり、騒ぐほどにどんどん近づいてきます。
騒がすにどこまで買い物を続けられるかの遊びです。

目的の商品を両親の指示でかごに入れると、ポイントゲットとなるようにしても良いです。
第1ステージは野菜コーナーなどと、ステージを決めても良いです。
出来れば、他の親の子供が走っていたりすると、走ると危ないよ、なとど声をかけてあげると良いです。
このような行為は自分の子供も見ているものであり、子供の心にも大きく響くものなのです。