お花見会場の選び方

お花見会場の選び方

子供がいても安心して楽しむ方法

春になってキレイな桜が咲く時期になると、お花見を楽しめる季節になったと感じて気分が高揚するものです。
お花見を楽しむのは大人だけでなく、子供も一緒に楽しみたいものです。

しかし、お花見では大人同士でもお酒が入っていることが原因でトラブルに発展することも少なくありません。
家族揃ってお花見に出かけるためには、子供がいても安心して楽しめるようにしなければいけません。
ここでは安心して楽しめるお花見会場の選び方や注意点をご紹介します。

参考:https://topicsfaro.com/child-and-cherry-blossom-viewing-rule-9.html

人の多い場所は避ける

お花見会場にはたくさんの人が訪れているため探すのは難しいかもしれませんが、人が集中している場所はできるだけ避けた方が良いでしょう。
少しだけ花から離れた場所にすると人がまばらになっているので、このような場所を狙ってください。
人が多い場所は子供が迷子になってしまう恐れがありますし、子供が他の花見客にいたずらして迷惑をかけてしまうことも考えられます。

おすすめの場所は、花を全体的に見渡すことができるような場所で、トイレや通路の近くにあるとなお良いです。
花見の名所と言われているような場所はたくさんの人でごった返していると思いますので、ある程度お子さんが大きくなってから行くようにして、まだお子さんが小さいうちは花見客が少ないような場所を選ぶと良いでしょう。

迷子対策

あまり人がいない場所をあえて選んだのに、ちょっと目を話した好きに子供が迷子になってしまうこともあります。
大人もお酒が入ってしまうと注意力散漫になる傾向があるため、子供の事はそっちのけでお花見に集中してしまうことが迷子にさせてしまう原因になることをよく頭に入れて置かなければいけません。
子供からは絶対に目を離さないようにすることが基本なので、家族全員で交代しながらでも子供から目を離さないことが大切です。
子供がいなくなってしまった時を想定し、あらかじめ名札や連絡先を付けておくようにすることもおすすめです。

早めに帰る

お花見の楽しい気分をいつまでも楽しみたいという気持ちはよくわかりますが、子供はすぐに飽きてしまいぐずりだすと周囲の人に迷惑をかけてしまう場合もあります。
トイレが近くにないとおむつ交換をするのもままならないため、なかなか落ち着いてお花見を楽しめないと感じるかもしれません。
まだお子さんが小さい場合は長時間お花見を楽しむのは難しいと考えられますので、ある程度お花見を楽しんだら片付けて帰宅の準備を始めることも必要になるでしょう。
時間帯によっては急に混雑し出す場合もありますので、できるだけ早めに出かけて早めに帰るように心がけるのが、家族揃ってお花見を楽しむコツと言えます。