節分の楽しみ方

子供に人気のある行事

2月に家族で楽しめる行事といえば2月3日の節分ですが、節分には豆まきをする日だとか、恵方巻きを食べる日という認識を持っているものの、どんな意味があるのかよくわからないという方も多いです。
家族で節分を楽しみながら、どのような意味がある行事なのかをしっかり理解してみてはいかがでしょうか。

節分とは

元々節分とは季節が変わるという分かれ目のことを表していて、立春や立秋など四季の変わり目を示す日の前日のことを節分と呼んでいました。
本来であれば一年のうちに4回あるはずの節分ですが、昔はこの中で立春の前日にあたる2月3日が一年の中でも節目の日であり、邪気を払って福を呼びこむ大事な日と認識されていました。
日本では室町時代以降に立春の前日にあたる2月3日が節分とされたです。

季節の変わり目になると何だか体調を崩しやすいと感じる方も多いですが、昔は季節の変わり目に邪気が入り込みやすいものだと考えられていました。
新しい年を迎える節分の時期は特に悪さをする鬼の影響を受けて災いが起こりやすいとされていたことから、一年間の無病息災を願って節分の定番行事となっている豆まきで鬼退治をするという考え方が生まれたそうです。

豆まきをしましょう!

節分には家族で豆まきをして鬼を追い払って福を呼びこむという昔からの言い伝えを実践してみましょう。
そもそもなぜ豆をまくのかという意味を確認してみると、日本には穀物や果物が邪気を退ける力があると言われており、豆まきをすると豆に秘められたパワーで邪気を祓うことができると考えられているからです。
また、豆は魔目と表記することもできることから、鬼の代わりとして考えられていたことから、わざわざ豆を炒ることで鬼退治ができたものをまくという意味があったとも言われています。

北海道や東北地方の一部では落花生をまき、その他の地域では炒った大豆をまくという地域性の違いもあるようです。
大豆ではなく落花生をまくのは、食べやすいことと片付けやすいという意味があるからだと言われています。

恵方巻きを食べましょう!

恵方巻きが節分に食べられるようになったとされるのは、江戸時代後半に大阪で商売繁盛を願って食べられるようになったと言われています。
恵方はその年によって異なりますが、毎年異なる恵方を向いて願い事を思い浮かべながら一言も話をせずに最後まで大きな恵方巻きを食べきるというものです。
大人は大きな恵方巻きでも問題なく食べてしまうことができても、小さなお子さんには難しいのでお子さんについては小さく切り分けてあげましょう。

本来恵方巻きの具材は七福神にちなむ形で7つの具材を使用するものとされていますが、現在は様々な具材を使用したアイデア恵方巻きをそれぞれの家族で楽しんでいるようです。
特にこれといった決まりはないので、家族の要望に応えてあげましょう。