てるてる坊主を作ろう

明日は天気になって欲しい!

天気の変化によって気分が大きく変わるものですよね。
晴れの日には気分も高揚してお出かけしたい気分になりますが、どんよりとした曇り空や雨が続くと気持ちも落ち込んでしまいやすくなるものです。
子供にとっても天気の良し悪しがイベントに大きな影響を与えます。
楽しみにしていた遠足や運動会が雨になると延期や中止になってしまうため、当日は何としてでも晴れて欲しい!と願うものです。
現在は天気予報で翌日の天気を調べることもできますが、何としてでも晴れになってくれるようにという願いを込めててるてる坊主を作ってみてはいかがでしょうか。

てるてる坊主とは

昔から日本に伝えられているてるてる坊主は、江戸時代から既に風習が存在していたそうです。
昔は折り紙で作ったような人形のようなものが吊るされたそうです。
もしも願いが叶って晴れた場合は、人形に顔を書いて川に流すのが正しい習わしだったと言われています。
当時はてるてる坊主という呼び名だけでなく、てれ坊主、てり坊主などの呼び方があったとされています。

てるてる坊主の作り方

昔は紙を折って作られていたと言われているてるてる坊主ですが、現在は白い布やティッシュペーパーを使って作るのが一般的です。
作り方はとても簡単で、紙を丸めたものを白い布かティッシュペーパーでくるので首のところをひもで縛るだけで完成です。
子供と一緒に楽しみながら作ることができますね。
本来は顔をかかずにこのまま軒先に吊るすのが正しいそうです。
顔をかかないまま吊るしておき、翌朝無事に晴れていたら顔を描いてあげるのが正しいとされています。
顔を先に描いてしまうと雨になると言われていますので、顔を描かないまま吊るしておきましょう。

晴れて欲しくない時には

ちなみに晴天ばかり続くと都合が悪いこともあるでしょう。
昔も日照り続きだった時には作物が育たなかったため、困り果てた人が雨乞いをしていたと言われています。
そろそろ雨が恋しいなと思う時には、てるてる坊主を逆さまにして吊るす「るてるて坊主」を作ってみましょう。
他にもあめあめ坊主とかふれふれ坊主などと呼ばれていますが同じものです。
作り方は全く同じですが、逆さまに吊るすというのがポイントです。
顔を描くと雨が降るという説もありますので、顔を描いて逆さまに吊るすと良いかもしれません。

実際の効果は!?

てるてる坊主を吊るしておけば必ず晴れる!とは当然ながら言い切れません。
あくまでも昔から伝えられている願掛けの風習なので、確実に晴れるとは残念ながら言えません。
でも、本当に晴れてくれた時には子供に良い思い出を作ってあげることができますよね。
万が一効果がなかった場合でも、決して気を落とさないように励ましてあげてください。