お歳暮のマナーとおすすめギフト

お歳暮のマナーとおすすめギフト

年末に欠かせないご挨拶

一年間の中でも目まぐるしく過ぎると言われているのが師走とも呼ばれている12月です。
師走という言葉には偉い人(先生やお坊さんなど)も走って行動しなければいけないほど忙しいという意味があるそうです。
確かに12月はあっという間に過ぎていくものですが、年末に忘れてはいけないのがお世話になった方へのご挨拶です。
一年間お世話になってありがとうございましたという感謝の気持ちと、また新年もよろしくご指導くださいとお願いする意味を込めてお歳暮を持参して挨拶に伺います。
よく似た風習として夏に贈るお中元もありますが、どちらかと言えばお歳暮の方が重要視されるため、どちらを贈るかで迷った場合はお歳暮にするべきだと言われています。
あなたも一年間のお礼を込めて、素敵な商品を贈ってみるのもおすすめです。

参考:お歳暮ギフト|大丸松坂屋オンラインショッピング

お歳暮のマナー

お歳暮は基本的には12月いっぱいの年末までに贈りたいものです。
元々のお歳暮とは、年末に先祖をお迎えするために必要とされる御供物を携えて本家などに持参する行事でしたが、時代の流れとともに両親への贈り物、親戚や職場の上司などの普段からお世話になっている方に感謝する気持ちを込める贈り物として定着しています。
基本的には立場が下の人から上の人に対して贈るものなので、受け取ったからといって必ずお返しをしなければいけないものではありません。
だからといって黙って受け取ったままにせず、お礼状として文書を送付しておくことが正しいマナーになります。
文書での礼状は年賀状でも兼ねたいという場合は、手短に電話やメールでも良いので必ずお礼を伝えることが大切です。

お歳暮におすすめの商品

基本的に、お歳暮は一度贈った相手には末永くお付き合いをお願いするという意味もあるため、次の年も贈るのが一般的です。
次の年に贈った商品が、その前の年に贈ったものと全く同じ商品だった場合は印象が悪い可能性があるため、できるだけ違うものを選びたいものです。
しっかり覚えている自信があれば良いですが、何かをきっかけに忘れてしまうこともあるためメモに残しておくと良いでしょう。

お歳暮に喜ばれる商品としては、先方に喜んで活用してもらえる品物を選びたいものです。
例えばあなた自身がこれをもらったら嬉しいと思った高級なお酒を購入しても、全くお酒が飲めない相手に贈ってしまった場合はきっと喜んでもらえないはずです。
むしろ、「お酒が飲めないことを知っているはずなのにけしからん奴だ!」と怒られてしまう場合もあります。
せっかくの機会なので相手に喜んでもらえる商品をじっくり選びたいものですが、相手の嗜好を完全に把握しているわけではないため迷うものです。
そこでおすすめしたいのはグルメ商品が掲載されているカタログのギフトです。
好きなグルメ商品を自分で選んでもらえるので、手間がかからずに便利です。