運動会の準備メモ

子供も大人も楽しみましょう!

親子で楽しめるイベントとして積極的に参加したいのが運動会です。
我が子が成長した姿を実感できる一大イベントとして、家族全員で参加できます。
当日を迎えるまでにあらかじめ準備しておきたいことがいくつかありますので、改めて運動会の準備メモを確認しておきましょう。

お弁当

運動会には腕によりをかけてお弁当を作る!と気合が入っている方も多いでしょう。
子供にとっても運動会のお弁当は楽しみなもので、どんなおかずが入っているのか期待しているはずです。
運動会のお弁当はメニューも大事ですが、詰め方にもコツがあります。
できるだけ食べやすいようにすること、彩りを良くすることです。
例えば揚げ物ばかり増えると茶色が目立つ色合いになってしまい、本当は美味しいのにあまり美味しそうに見えなくなります。
彩りを加えるためにもピックを複数用意しておくと重宝します。

家族以外にもおじいちゃん、おばあちゃんも呼んでいた場合は、かなり大人数分のお弁当を用意しなければいけないため、用意が大変です。
前の晩から準備できるものはあらかじめ用意しておき、翌朝は手短に調理できるように段取りをしておくと便利です。
あらかじめ子供や家族にお弁当で入れて欲しいものをリクエストしてもらっておくと良いですね。

ビデオカメラ

運動会では我が子が活躍している姿を映像に収めたいとして、親同士でビデオ撮影をする場所の争奪戦になることもあります。
揉め事が起こらないように学校側からも事前に通達されている場合がありますが、お互いに譲りあう気持ちで撮影してください。
事前に場所取りをしても良い場合は、できるだけ他の人から迷惑だと思われない場所を選ぶ配慮が必要になります。
肝心な時に充電がなくなってしまった!データの保存容量がなくなってしまった!ということがないように、事前に確認をしておくことをおすすめします。

一等を取る方法

運動会で必ず行われるのが徒競走やリレーです。
自分の子供にはできるだけ一等を取って欲しいと思うのが親心ですが、子供にプレッシャーをかけすぎると当日は緊張のあまりに失敗することもあります。
親から過剰に「絶対に一等を取ってね!」と言い過ぎないように注意してください。

早く走る自信がないという子供には、早く走るための練習に付き合ってあげましょう。
しっかりももを上げて腕を振って走ることを意識していれば、少しずつ早く走れるようになってきます。
運動会が近づく一週間前から始めてもあまり効果が見られないかもしれませんが、一年も前から準備しておけば確実に早く走れるようになっているはずです。
本当に走るのが苦手だと思っていた子供が、練習次第でリレーの選手に選ばれることも夢ではありません。