父の日にありがとうを

日頃の感謝を込めましょう

毎日朝早く家を出て、帰りは遅くなるまで仕事を頑張ってくれているお父さんに感謝の気持ちを伝えることは何となく恥ずかしい気がするもので、普段はなかなか伝えることができていないという方も多いはずです。
せめて一年に一回訪れる父の日だけでも、日頃からの感謝の気持ちを込めて「ありがとう」と伝えることで、お父さんは大いに喜んでくれるはずです。
父の日にありがとうを伝えるためにおすすめのプレゼントなどをご紹介します。

父の日の由来について

両親に感謝を伝える日とされているのが、父の日や母の日です。
このような習慣が広まったのは母の日が先で、アメリカでお母さんに感謝を伝える素晴らしい日として広まっていきました。
この流れを受けて母の日と同じように父親に対しても感謝する日を作ろうという動きが加速したことで、父の日が作られたそうです。
初めて父の日の祝典が行われたのは1910年のことでしたが、アメリカで広く知れ渡るようになったのはその10年後のことで当時の大統領ウッドロー・ウィルソンが父の日の祝典で演説を行ったことがきっかけだったそうです。

アメリカでは1966年から6月第三日曜日が父の日として正式に定められました。
日本にも1950年代から父の日について浸透してきましたがあまり認知度は高いものでなかったそうです。
一般の方に浸透してきたのは1980年頃からで、当時デパートが父の日をイベント化したことで認知度が一気に広まったという経緯があります。
今では母の日と同様に父の日にも感謝を伝える日として多くの人に親しまれています。

参考:http://shopping.yahoo.co.jp/event/fathers_day/

父の日のおすすめプレゼント

一番良いのはお父さんが好きなものを贈ると喜ばれます。
お父さんが好きなものといえば、お酒や果物、スイーツ、おつまみなどがあると思いますが、あらかじめ好きなものや欲しそうにしているものがあればリサーチしておくと良いでしょう。
できるだけ形に残るものを渡したいという方は財布やポロシャツ、名入れギフトなどを選ぶ方も多いです。
平均予算は3千円から5千円程度のものが最も多く売れているそうで、このくらいの金額がお父さんもあまり気負いせずに受け取ってもらうことができるとされています。

お母さんと一緒に料理もおすすめ

まだ小さなお子さんからお父さんへ感謝の気持ちを伝えたいという場合には、お母さんに協力してもらって感謝の気持ちを込めた手料理をプレゼントするのもおすすめです。
頑張って子供さんが作ってくれたと思うと、お父さんも大喜びして食べてくれるでしょう。
簡単に作ることができる料理としておすすめなのは、ホットプレートで調理できるお好み焼きや餃子です。
かなりお母さんの力も必要になりますが、ぜひ一緒に協力してあげてください。