男性の左側をキープするのが円満の鍵

立ち位置を意識すると良い?

恋人同士の頃はよく手を繋いで歩いていたものですが、結婚をして夫婦になると照れくさくて手を繋ぐことが少なくなるものです。
子供が成長するにつれて、ますます手を繋ぎにくくなってしまいますよね。
実際に手を繋がなくても、夫婦が円満に過ごすための秘訣として覚えておいて欲しいのが夫と並んで座ったり歩いたりしている時の位置です。
あまり意識したことがないかもしれませんが、男性の左側をキープするのが円満の鍵だと言われています。
いつも無意識のうちに夫の左側を歩いていたり、座ったりしていないでしょうか。
ぜひ道を歩いているカップルの様子を観察してみてください。
男性が右、女性が左という立ち位置をキープしているカップルが多いことがわかると思います。
実は、円満の鍵を握る立ち位置には理由があるのです。

参考:男性は左側にいる人を守ろうとする!? 立ち位置で変わる男性の印象とは?

心理的な理由

男性が右側で女性が左側をキープすると良いと言われているのは、大事な存在である女性を守ってあげたいという気持ちが無意識に現れていると言われています。
右利きの人は、利き手である右手を使って敵と戦いながら、利き手ではない方でしっかり大事な人を守りたいという心理も隠されているという説もあります。
全ての男性が女性は左側にいた方が良いと考えるわけではないのは、左利きの人は逆の考え方が無意識のうちに現れるからだと考えられます。
他にも、右側が主導権の握りたい人で左側はリードしてもらいたい人に居心地が良い立ち位置だとされています。
実際にはこのような考え方を意識しているわけではないのに、なんとなく男性は右側をキープしたい、女性は左側にいるのが一番落ち着くと考えるようです。

草食系の男性は左側より右側が良い!?

男性の多くは女性をしっかり守ってあげたいと思っているものです。
そのため、自分にとって大事な存在である妻のことをしっかり守るためにも自分の左側にいて欲しいと考える方が多いです。
このような考え方の男性は、黙って俺についてこい!というタイプの男性が多いです。
男性からリードされたいという願望がある女性ならぜひ左側をキープするべきです。

逆に、女性に甘えたいとか、女性にリードして欲しいと思っている草食系男子の場合は、女性が左側にいると落ち着かない気持ちになると言われています。
女性を守ってあげたいというよりも、むしろ自分が女性に守って欲しいと思っているくらいなので、できるだけ女性を右側にして自分が左側にいた方が良いと無意識のうちに思ってしまうようです。
甘え上手な草食系男子が好みの女性なら、自分が右側にいてもあまり違和感もなく過ごせると考えられます。
どうしても自分が左側にいた方が落ち着くという場合は、男性と意見が衝突することが多くなるかもしれません。