姑の介護について

近い将来は現実的になる事

年齢を重ねるごとに現実的な問題として考えなければいけないのが姑の介護についてです。
まだ口も達者で、元気に動き回れるような姑さんでも、ある日突然思うように体を動かせないような容態になるかもしれません。
夫が長男という立場なら、なおさら姑さんを介護する役目は夫の妻であるあなたの身に降り掛かってくるかもしれないのです。
姑さんとの仲が良く、普段からお世話になっている立場なら喜んで介護を引き受けるかもしれません。
しかし、仲が悪くて普段から行き来をしていないような関係にある場合は、「どうして私が介護をしなければいけないの?」と憤慨するかもしれません。
確かに仲が悪い姑さんの介護をするのは納得できないかもしれませんが、よく考えてみると夫の母親であることは間違いありません。
あなたの夫から見れば、唯一無二の存在である母親なのですから、できるだけ自分が信頼している妻に面倒をみてもらいたいと願うはずです。
姑さんの介護は仮定の話で考えるのではなく、現実に起こるものだと考えて真剣に夫婦で話し合っておくことが大切です。

実際に介護することになった場合

では、実際に介護をすることになった場合はどのように対処するべきか確認しておきましょう。
現在日本では高齢化社会が本格化する中で、社会全体で介護に取り組む準備が進められています。
その一環として実施されているのが介護支援サービスです。
要介護認定または要支援認定をされた方を自宅で介護している場合、それぞれの状態に応じた介護サービスを提供することができます。
公的な介護サービスを受けるためには、お住まいの地域の窓口に介護認定をしてもらう手続きを申請してください。
その結果要介護または要支援の状態が見極められます。
どのような介護サービスが提供されるのかは、利用者の希望を伺いながら必要に応じて決定されますので、場合によっては希望通り提供されない介護サービスもあることを覚えておきましょう。

必要に応じて介護サービスを受けることによって、介護の負担を大幅に軽減できるメリットがあります。
介護は精神的、体力的に大きな負担を伴うものですから決して一人だけで背負い込んではいけません。
当然ながら夫の協力も必要になりますし、他の家族にもできることは協力してもらってください。
あなただけが介護を続けていると、いつの日か限界が訪れて心身のバランスを崩すことも考えられます。
定期的に介護サービスを受けていれば、プロにお任せしている間は一時的に介護から開放されるため、ストレス解消をすることもできます。
介護をしている間は終わりのないように感じられますが、あの時思い切って自分が介護をすることを宣言して本当に良かったと思える日が必ず来るものです。